FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

服 ブランド、ブランド 腕時計、 シューズ ブランド、 女性 ブランド、 laファッションブランド など紹介しています。








PIAGET / ピアジェ

PIAGET / ピアジェ

歴史
1874年 - ジョルジュ・エドワール・ピアジェ(Georges-Edouard Piaget )がジュラ山脈の小さな集落ラ・コート・オ・フェ(La Côte-aux-Fées )にあるピアジェ家の農場に最初の時計工房を開いた。
懐中時計や高精度のムーブメントの制作に情熱を捧げた彼のもとに数々の有名時計ブランドが注文を寄せるようになり、ピアジェの名前はいち早くヌーシャテルを超えて広く知られるようになった。
1911年 - ジョルジュ-エドワールの息子ティモテ・ピアジェが会社の経営を引き継ぎ、腕時計の製造を開始した。
1943年 - 創業者ジョルジュ-エドワールの孫ジェラルド・ピアジェとヴァランタン・ピアジェがにピアジェを時計ブランドとして商標登録し、ピアジェの名前が入った製品の製造を開始。
1945年 - ラ・コート・オ・フェに新しい工場を設けた。
1957年 - 初の手巻極薄メカニカルムーブメント、厚さ2mmのキャリバー9Pを発表。メンズウォッチ コレクション「エンペラドール」が発表され、ブランドを代表するウォッチとなる。
1959年 - ジュネーブに新しい工場とジュエリー専門ブティックをオープンした。
1960年 - 2.3mmと世界で最も薄い自動巻ムーブメント、キャリバー12Pが発表され、ギネスブックに認定された。
1964年 - ピアジェは、ラピスラズリ、ターコイズ、オニキス、タイガーズアイなどのハードストーン製の文字盤を備えた初のウォッチを発表。その後、高級時計を象徴するカフウォッチを製造。
1976年 - 当時最小であったクォーツムーブメント、キャリバー7Pを誕生させる。
1979年 - 「ピアジェ ポロ」[3]が登場、斬新なスタイルを特徴としブランドの象徴的な腕時計となる。
1980年 - この年からイヴ・ピアジェが指揮を取る。
1986年 - 「ダンサー」 コレクション発表。
1988年 - かつてヴァンドーム・グループとして知られていたリシュモン傘下に入り、1990年代に「ポセション」「タナグラ」「ライムライト」、付け替え可能なブレスレットが特徴の「ミス・プロトコール」などの新しいコレクションを次々と発表。
1999年 - 歴史的モデルの中から「エンペラドール」が復活。
2001年 - 、最高級時計を製造する新工場をジュネーブ近くのプラン・レ・ワットに設置。ムーブメントはこれまで同様ラ・コート・オ・フェで製造される一方で、プラン・レ・ワットの新工場には時計とジュエリーに関する40以上もの職種が集約されている[4]。同年、ピアジェは1970年代に誕生した「ピアジェ ポロ」のデザインをリニューアルし、「マジック リフレクション」という名の新しいコレクションも発表した。
2002年 - 初のピアジェ自社製トゥールビヨンムーブメント、キャリバー600Pを生み出す。これは、厚さがわずか3.5mmという世界で最も薄い角型ムーブメントとなった。
2004年 - 創業130周年を祝う。
スポンサーサイト

tag : PIAGET ピアジェ 時計


服 ブランド、ブランド 腕時計、 シューズ ブランド、 女性 ブランド、 laファッションブランド など紹介しています。








このファッションブランド一覧ブログの説明

bu1212

Author:bu1212
ファッションブランドの一覧、また、有名人の着こなし集です。
世界中の腕時計、アパレル、バッグ、シューズなど、ファッションブランドの概要や詳細を掲載!

ABC~順の早見表・ブランド一覧
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
腕時計・時計メーカーブランド一覧
ABC順に見やすく世界中の時計メーカーブランドの早見表です。
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
相互リンク
相互リンク大募集!リンクフリーです。
勝手に貼っていただいて結構です。
ご連絡いただける場合は、お気軽に、トラックバック、メール、メールフォーム、コメントなどメッセージ送ってください。
よろしくお願いします。
burando1212@gmail.com
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。